• Our Favorite Quotes:

    Make a Dent In the Universe

  • Drop us line:

    info@mdiua.com

  • Visit Our Office:

    Yokohama-city, Kanagawa, Japan

そもそもDX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

あらすじ

DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉は、徐々に世の中に浸透してきた印象があります。しかしながら、AIや、IoT等の言葉と同様、抽象的でイメージが湧かない、もしくはIT化と何が違うか理解できない等の印象があるかと思います。

今回は、DXの概要に関して、わかりやすくまとめてみることにします。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

この質問を聞かれた際に、正しい回答を返すことができる人はどの位いるでしょうか?その答えは、ある人にとっては、AIやIoTのような斬新な技術用語の一つだという事になるかもしれないですし、ある人にとっては、IT化を推進していく事となるかもしれません。結論からいうとどちらの側面もDXの中には含まれ、また、それぞれが連動した一連のプロセスになるという回答になります。

以下、DX化を推進する際の一連のプロセスについて解説して参ります(※DX化のステップに関しては、他社多様の見解があり、今回は当社の独自の見解を掲載しております。)。

デジタル化の推進

デジタル化の推進とは、ICTツールを積極的に活用していく事により、紙による資料の共有や、紙ベースの業務日報のやりとり等を、デジタルに置き換えていく事であり、1990年代に注目を浴びた、IT化推進とも共通した取り組みになります。

このステップを進めて行くと、ペーパーレス化を達成する事による、経費削減に繋がるだけでなく、あらゆるデータが電子化されていくことで、後続ステップの業務効率化や、データ活用などの基盤作りに繋がります。

業務効率化の推進

ICTによるデジタル化が達成されると、情報がデジタル化されていくため、冗長な繰り返しになっている作業や、コミニケーション等を見直し、効率化に繋げていく事ができます。

業務効率化を達成する手法としては、RPA等の自動化に代表されるテクノロジーが有名ですが、RPAのみでなく、自動化スクリプトの作成、クラウド上のサービスを利用したコスト削減、Slack等のチャットツールの導入によるコミニケーションの効率化、タスク管理ツールによる効率的なタスク管理等、ICT技術を駆使し、あらゆる観点から業務効率化を推進し、それを企業の共通言語として根付かせる活動になります。

データ活用によるイノベーションの創出

デジタル化が企業に根付き、ICT技術を使った業務効率化が企業の共通言語となった後、DXの最も大事なステップとも言えるのが、データ活用、及びそれによる新たな価値の発見、イノベーションの創出のステップとなります。

業務プロセス、及びコミニケーションがデジタル化されている事で、あらゆるデータを集積する基盤が作られるため、AIによりデータの傾向の分析を行い、現在の市場の動向の分析を行ったり、現在あるデータから将来の購買予測を行う等、現在のデータを活用して、新たなイノベーションの創出をしていくというフェーズに当たり、DXの中でも一番大切と位置付けられます。

まとめ

DXという言葉の概要(弊社独自の解釈)をお伝えさせて頂きましたが、AIやIoT等の先端分野の活用の側面や、RPA等の業務効率化を推進していく側面、そもそもの基盤を整えるICT化の整備等、多くの観点を包含する概念であることが伝わったかと思います。

DX化に向けて動いていく事は、今後非常に大切になってくるので、是非意識をされて取り組まれて下さい。